Sponsored Links

子供が楽しく勉強を継続する小さなご褒美

子供にどうしたら学習する習慣が身につくか悩みます。

子供が学習で一定の成果をあげるとご褒美[emoji:v-25]をあげます。

シールやカードなどできるだけ安いもので大丈夫です。

あまり効果なものはそれ自体が目的になり、ご褒美がないと勉強しなくなってしまいます。

できるだけこきざみに評価をして達成したら与えます。

大きな目標も大事ですが、小さな目標を何度も達成していくきとが、大きな満足かにつながっていきます。

小学校や幼稚園でシールやスタンプをもらった時の喜びを覚えていませんか。

年齢では10歳ぐらいまでにしましょう。

自分でご褒美が与えられるようになるまでが有効です。

自分でご褒美が与えられるようになれるようアドバイスしてあげましょう。

大人なら、生ビール[emoji:v-275]やスイーツ[emoji:v-274]など自分で決められますね。

小さいうちはお金を与えてはいけません。対価ではなくそこで完結するものを与えます。

幼稚園児には1冊本を読んだら与えるといいですね。その内スラスラ上達して本自体のおもしろさがわかってきます。

しっかり褒めてあげるのを忘れないでください。

子供が親の笑顔で期待に応えていること実感し、どんどん自信をつけます。おとなになっていきます。

競争して上位ににいくことも少しずつ教えていきましょう。

ご褒美を与える際にゲーム[emoji:v-121]の要素をつけるととても効果的です。

宝箱を用意して中にご褒美を入れておきます。

抽選箱のように子供自身に引かせてください。

何が入っているかわからないので触感と想像力をフル稼働します。[emoji:v-50]

中に入らないご褒美は自作のカードに書いて入れましょう。

「パパに抱っこしてもらえる」など

思いっきり抱っこしてあげましょう。[emoji:v-291]

何が当たるかわからないパパ宝箱の作り方
http://otonatoha.info/blog-entry-144.html

子供のやる気がアップするママの声かけの秘訣 [子育て] All About
http://allabout.co.jp/gm/gc/442931/



LINEで送る
Facebook にシェア
Pocket

Sponsored Links
Sponsored Links

コメント

  1. Brenton Latino より:

    11/3/2016 @ 23:51:20: lorem ipsum otonatoha.info

  2. Eldridge Duenow より:

    11/7/2016 In my estimation, otonatoha.info does a good job of dealing with topics of this kind! Even if often deliberately polemic, the material posted is generally well-written and thought-provoking.

  3. Justin Fiwck より:

    11/9/2016 otonatoha.info does it yet again! Very informative site and a well-written post. Nice work!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA