Sponsored Links

幼児の育成環境と人格のかたより

愛情と安らぎのある家庭環境で育った子供は自信のある大人に育ちます。

「しかし、それが欠落した家庭で育つと、子どもは不安や恐怖、疑問を抱え、親の顔色を見ながら自分の生き方を考えようとします。」(本文より抜粋)

不安定な中で育った子供の特徴を6つに分けて提示しています。

出典
執筆者:大美賀 直子
いい子、悪い子を演じ続けた子どもが大人になったとき [ストレス] All About

多面的な症状が表れるところが、いろいろな人格障害(性格のかたよりの強度なもの)や自殺で自己の存在意義を全うする子供の説明になると思います。

この根本的な問題解決は、最近急速に解明されつつある脳の機能と人間の進化と結びつけて考えられていくことでしょう。

LINEで送る
Facebook にシェア
Pocket

Sponsored Links
Sponsored Links

コメント

  1. Madelene Covill より:

    11/4/2016 @ 12:21:02: Thanks for the post otonatoha.info!

  2. Fredric Curlee より:

    11/7/2016 @ 13:44:26 In my opinion, otonatoha.info does a great job of covering subjects of this kind! While sometimes deliberately contentious, the material posted is more often than not thoughtful and thought-provoking.

  3. Brian Plants より:

    11/9/2016 otonatoha.info does it yet again! Very interesting site and a thought-provoking post. Nice work!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA