Sponsored Links

幼少期に何が大事か教えるには

子供に道徳や教訓を教えるのにはどうしたら良いか、家訓が作れないか模索していました。

子供が5歳になり、取り敢えず早く始めないと時が進んで行くので、テレビで得た知識を参考に作りました。

次に幼少期用の家訓5カ条を挙げます。

⒈ うそをつかないこと

⒉ まわりにやさしくすること

⒊ わからないことはたくさんきいておしえてもらうこと。

⒋ きそくとやくそくはきちんとまもること

5. おおきなこえであかるくあいさつをすること

次にこれを子供に身につけさせないといけません。

丁度良い時間が有りました。

幼稚園に毎朝子供を連れて行くのは私の仕事です。

幼稚園行くまでの間に良く会話をしていましたので、そこで復唱することにしました。

これで習慣化することの成功しました。

幼少期用の家訓5カ条は、ただ復唱するだけでなく、何故それが大事かも合わせて時々噛み砕いて説明します。
そうすることで強く定着して行きます。


Sponsored Links
Sponsored Links

コメント

  1. Bok Pitter より:

    11/3/2016 @ 13:18:13: Thanks for the post otonatoha.info!

  2. Erika Jentzen より:

    Like the site– extremely user-friendly and lots to explore!

  3. Nedra Mayoral より:

    In my view, otonatoha.info does a great job of handling subject matter of this sort. Even if often deliberately polemic, the information is more often than not well researched and thought-provoking.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA